トップ > for dog (犬用品) > ドライフード・半生フード > アーテミスI/S > アーテミス アガリクスIS イミューンサポート 小粒 3kg

アーテミス アガリクスIS イミューンサポート 小粒 3kg

商品コード : 8133690054908
価格 : 3,801円(税込)
ポイント : 380
数量
 

注文合計金額が7700円以上で送料無料。※沖縄・一部離島につきましては、送料無料対象外となり3500円を頂戴しております。

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

アーテミスは、必要なタンパク質・脂肪・炭水化物・ビタミン・ミネラル全てをバランス良く含んでおります。
本当に必要な全ての栄養素を網羅する為に、新鮮な野菜・果物・ハーブ・消化酵素を調合する様にしております。
1998年にカリフォルニア州の北ハリウッドで創立してから、アーテミスは全国的に素晴しいとの世評を頂き、又それはアーテミスの成長に繋がって参りました。

脳の働きを活性化させ、美しい容姿をつくるために必要な栄養素のひとつといわれています。 全ての植物性タンパク質はUSDAの検査により選び抜かれた素材を使用しております。
鶏肉、七面鳥を使用しております。 体に必要な全てのアミノ酸が含まれています。
じゃがいも、人参、エンドウ、りんご、トマト、ブルーベリー、ほうれん草、クランベリーを使用しております。 最高のビタミンとキレート化したミネラルを含んでおります。
健康な皮膚と光沢のある毛づやのために必要な栄養素のひとつといわれています。 鶏の油、サケ、フラックスシード、サーモンオイル、ビタミンE、ビオチンを使用しております。
ビタミンとミネラルを加えることで、化学物質、防腐剤、人口着色料や副産物を一切含んでおりません。
人間用のサプリメントでも知られている「アガリクス茸」にはビタミン・ミネラル・酵素など、実に多くの栄養成分が含まれています。 ブラジル産アガリクスブラゼイムリルを使用。βグルカンを多く含み免疫力や体内の老廃物の吸着排出などが注目されています。
日本はもちろん国際的にも高く評価されている最高乳酸菌! 正式名を「エンテロコッカスフェカリスEF-2001」といいます。 乳酸菌の一種で、生菌ではなく死菌にすることで活性率を高めるという画期的な研究で日本はもちろん国際的にも評価されています。
 
 
原材料
フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・ドライターキー・玄米・精製大麦・オーツ麦・鶏脂肪(ビタミンC及びローズマリーエキスによる保存処理)・乾燥卵・ドライ魚肉・チキンスープ(天然風味料)・カノラ油・フラックスシード・フレッシュポテト・フレッシュ人参・フレッシュえんどう豆・フレッシュリンゴ・クランベリー・乾燥チコリ・塩・塩化カリウム・レシチン・にんにく・DL-メチオニン・ビタミンAアセテート・ビタミンD-3・ビタミンE・リボフラビン・ビタミンB12・塩化コリン・ピリドキシン塩酸塩・チアミン硝酸塩・葉酸・アスコルビン酸・ビオチン・イノシトール・乾燥ケルプ・キレート亜鉛・鉄分・アガリクス・エンテロコッカスフェカリスEF2001・マンガン・銅・コバルト・ヨウ素酸カリウム・亜セレン酸ナトリウム・ユッカシジゲラエキス・セージエキス・アスペルギスオリザエ発酵溶解物・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスアシドフィルス菌

EF-2001乳酸菌が加わりタンパク源でラム肉の使用がなくなりました。

※合成着色料・合成香料は使用しておりません。
 
成分
粗タンパク質 23%以上、粗脂肪 14%以上、粗繊維 2.9%以下、水分 10%以下、オメガ6脂肪酸 3.05%以下、オメガ3脂肪酸 0.5%以下、アガリクス茸 186mg/kg、代謝エネルギー:約3,595kcal/kg
アガリクスI/Sの与え方
栄養バランスが良くて、健康にいいペットフードでも、与える量が少なすぎたり、多すぎたりすれば、肥満や栄養不足になり、様々な疾患の原因になる場合があります。ペットフードは、その犬のサイズ、運動量、健康状態をみながら、飼い主さんが正しく与えていくことが大切です。

▼給与量の目安(1日あたり)
体重2.3kg 〜4.5kg 給与量67g〜90g
体重4.5kg 〜6.8kg 給与量90g〜135g
体重6.8kg 〜10.2kg 給与量135g〜175g
体重10.2kg〜13.6kg 給与量175g〜200g
体重13.6kg〜23.0kg 給与量200g〜270g
体重23.0kg〜34.0kg 給与量270g〜400g
体重34.0kg〜45.4kg 給与量400g〜540g

健康な状態で適度な運動をしている犬の1日に必要なフード量の目安です。
※幼犬は成犬の倍の量を1日3回に分けて与える。
※妊婦犬は6週間目までは同じ量を与え、7〜9週間目頃に25%増やした量を与える